未分類

プロテインは一日何杯飲めばいい?【目的別必要量】

健康管理や筋トレのお供として、日本でもようやく認知が進んできたプロテインドリンク。だけど一日の摂取量に迷っている人も多いみたい。

一日に飲むべきプロテインの量は、その人の普段の生活環境や、プロテインを飲む目的によっても変わってきます。

この記事ではそんなプロテインの摂取量について、モデル別に解説していきます。ぜひ参考にしてみてください。

プロテインの必要摂取量

ジム初心者の女性の場合

・30代独身女性
・最近ちょっと太り気味
・ジムで週2回の筋トレ
・食生活は乱れがち

例えばこんな女性をイメージしてみましょう。30代に入って代謝が落ち、乱れた食生活のせいでプチ肥満体形に。そこで慌ててジムに通い始め、プロテインを飲み始めたというパターンです。

この人の場合、ジムに通っているとはいえ頻度は週に2回。本格的な筋肥大を目的にしているわけでもなさそうだし、プロテインの必要量も少なめ。

そんなに運動をしていない人の場合、一日に必要なたんぱく質量は体重と同じグラム数。体重60キロの人ならタンパク質60グラムが目安になります。

普段の食生活で何も意識していない場合、タンパク質を60グラムも摂取するのはほぼ不可能。そこで粉末のプロテインドリンクが活躍。一杯で約20グラムのタンパク質が摂取できます。

普通に肉や魚、卵なんかを毎食少しづつでも食べている人なら、一日で40グラムくらい摂取できているはず。だから一日一杯のプロテインを補給することで正常な状態に戻すことができます。

プロテインはジムでの運動後にだけ飲むものではありません。筋トレは週に2回だけでも、健康のために毎日1杯づつ飲むことをおすすめします。

筋トレ大好き男性の場合

・20代独身
・筋肥大目的で週4日ジム
・食生活にも気を遣っている

次はこんなタイプの男性の場合。最近の筋トレブームでトレーニングに目覚め、毎日のようにジムに通って高強度のウエイトトレーニング。かっこいい体になるために、食生活にも気を遣っています。

そんな筋肉に真面目な男性の場合、タンパク質の必要量は体重×1.5~2が目安。人によっては体重の3倍のタンパク質が必要という人もいるくらい。つまりいくら摂取してもいいんです。

いくら食生活に気を遣っても、普段の食事でとれるたんぱく質は体重と同じくらいが限界。70キロの男性なら70グラムのタンパク質を食事から取れれば大満足。あとはドリンクで補いましょう。

この人の場合だと、一日に3杯のプロテインドリンクを飲むことをおすすめします。タイミングは起床後すぐ、トレーニング後、就寝の一時間前の3回

筋肥大を狙う場合、数時間置きにタンパク質を補給し続けるのが理想。一度に3杯飲んでも、1杯分しか吸収されないので意味はないんです。

プロテインの必要量は人それぞれ

ここで例に挙げたモデルはあくまでも参考。一人一人に合った摂取量があるので、自分のタイプを見極めてみて。

重要なのは、普段の運動量が少ない人は、たくさんプロテインを飲んでも意味がないということ。それと一度に大量に摂るのではなく、こまめに飲むのが大切です。