未分類

プロテインが太るという都市伝説は嘘?【カロリーと栄養素】

最近飲む人が増えてきたプロテイン。トレーニングをしている人以外にもおすすめの健康食品なんですが、いまだに「プロテインって太る?」という疑念を持っている人が多いのも事実。

この記事ではそんなプロテインと肥満の関係について解説。ぜひ最後までゆっくりご覧ください。

プロテインのカロリーと栄養素

プロテインが太るのかどうか知るには、イメージではなく数字でプロテインを知るのが大切。まずはプロテインのカロリーや栄養素をまとめていきます。

カロリーは100kcal前後

プロテイン一食分のカロリーは、メーカーによって異なりますが100kcal前後。

このカロリー量をどう見るかは人それぞれだけど、牛乳がコップ一杯130kcalご飯が一膳270kcalと並べてみるとどうでしょう。

粉末のプロテインが特別高カロリーではないというのが理解できると思います。

栄養素は高たんぱく低脂質

・タンパク質 14g
・脂質     1g
・炭水化物   3g

これはウイダーが販売しているホエイプロテインの1食分の栄養素です。この数字を見て「太りそう」と思う人なんているのでしょうか。

3大栄養素の中で、肥満の原因になるのは脂質と炭水化物だけ。タンパク質だってあまりに大量に摂れば肥満に繋がりますが、普通の日本人が摂取できる量ならいくら摂っても太りません。

粉末プロテインの栄養素と似ているのが鳥の胸肉。茹でた鳥の胸肉だけをムシャムシャ食べて太るはずがありませんよね。

ポテチやケーキ、ラーメンみたいな食品はこれとは全く逆の形になります。タンパク質はほぼゼロで、脂質と炭水化物がびっくりするほど入っています。

プロテインは太らない

栄養素のバランスやカロリーを見ると、プロテインに太る要素は一切ないのが確認できます。

それもそのはず。プロのボディービルダーが減量するときにもプロテインってみんな飲むんです。これが太るはずがありませんよね。

それでもプロテインで太りそう、太ったと思う人は以下のような注意点を守ってみて。

牛乳割りは危険

プロテインって基本的に水で割って飲むもの。これを牛乳で割る人がけっこういるんです。

当然ながら牛乳にだってカロリーがあります。牛乳のカロリーが130kcalでプロテインが100kcalなら、合わせて230kcal。これを一日3回も飲んでいれば太ってしまっても文句は言えません。

牛乳割りのプロテインを飲むなら、朝の一回くらいにとどめたほうがいいと思います。それ以上はダイエットの妨げになるかもしれません。

プロテインを免罪符にしない

これは意志の弱い人にありがちな間違い。

運動して体に良いプロテインも飲んだし、今日はご褒美にケーキを食べます!」なんてことを繰り返していては太るのも当然。ジムやプロテインは魔法のアイテムではないんです。

初心者がトレーニングをして消費するカロリー量なんて知れているし、プロテインはダイエットドリンクではありません。運動した満足感から食事やデザートの量が増えれば、逆に増えるのは当たり前です。

まとめ

もし「プロテインで太った」という人がいれば毎日の食事内容を紙に書いてみて。きっとプロテイン以外にその理由が見つかるはず。

そもそも牛乳からタンパク質だけを抽出したプロテインで太るなんてあり得ない話なんです。冷静に科学的な目で物事を考えましょう。